薬学用語辞典

薬学に関する用語辞典です。




Browse the glossary using this index

Special | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z | ALL

Page:  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...  108  (Next)
  ALL

5

5-FU

一般名:フルオロウラシル(fluorouracil)

A

AED

自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator):医療施設外で一般人が簡単なトレーニングで使える心臓再起動刺激装置

E

EA錠「シオノギ」(EA)

enteric coated aspirinだからEA錠。したがって腸溶錠。

H

HCG

一般名:ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(human chorionic gonadotropin)

M

MRI

核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう、英語: magnetic resonance imaging, MRI)とは、核磁気共鳴(nuclear magnetic resonance, NMR)現象を利用して生体内の内部の情報を画像にする方法である。

断層画像という点ではX線CTと一見よく似た画像が得られるが、CTとは全く異なる物質の物理的性質に着目した撮影法であるゆえに、CTで得られない三次元的な情報等(最近のCTでも得られるようになってきている)が多く得られる。また、2003年にはMRIの医学におけるその重要性と応用性が認められ、"核磁気共鳴画像法に関する発見"に対して、ポール・ラウターバーとピーター・マンスフィールドにノーベル生理学・医学賞が与えられた。

Wikipedia

MSコンチン(MS Contin)

一般名:モルヒネ硫酸塩水和物(Morphine Sufate hydrate)MS continue持続する

P

PET

Positron Emission Tomographyの頭文字、陽電子を放射する半減期の短い放射性物質を標識とした糖類を体内に入れ、癌細胞を映像化する装置

S

SPトローチ明治

主成分、塩化デカリニウムは、細菌の細胞内にあるタンパク質を破壊することで、殺菌効果を示しますSpool(糸巻き)断面が糸巻きの形

http://blog-imgs-23-origin.fc2.com/k/e/n/kentapb/012SP.jpg

S・M 散

Sankyoが開発したMagen Mittel(ドイツ語の胃薬)

リレンザ

いんふるれんざ とおぼえる

ザナミビル水和物としてグラクソ・スミスクライン社により商品名「リレンザ®;Relenza® 」

~ビルはvirusのviruから。Relenza = relieve influenzaすなわち「インフルエンザ(influenza)から救う(relieve)」

ザナミビル (Zanamivir)ノイラミニダーゼ阻害作用をもつ薬には、「amivir


Page:  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...  108  (Next)
  ALL